DRUAGA ARCHIVES

たったひとりで悪魔ドルアーガに立ち向かった、イシターの巫女カイ。『ドルアーガ オンライン』の序盤ではギルとともに行動しているが、カイが主人公のゲームもちゃんと存在するのだ。やりこむほどに味が出る『カイの冒険』の、シリーズにおける重要性を紹介しよう。

『ドルアーガ オンライン』の序盤ではギルとともに行動しているが、カイが主人公のゲームもちゃんと存在するのだ。やりこむほどに味が出る『カイの冒険』の、シリーズにおける重要性を紹介しよう。

『ドルアーガの塔』シリーズの世界観を決定づけた『カイの冒険』

オープニング 『ドルアーガの塔』へと続く物語を描いた『カイの冒険』では、『バビロニアンキャッスルサーガ』を語るうえで欠かせない、ミッシングリンクとも言えるエピソードが明らかにされる。今回は『カイの冒険』から読み取れるバビロニアの物語の背景や、数々の秘密を紹介しよう。


『ドルアーガの塔』の細かな舞台設定を、君は知っているか?

エンディングより 1988年7月22日にファミコンで発売された『The Quest Of KI -カイの冒険-』は、サイドビューのアクションゲームだ。復活した悪魔ドルアーガによって隠された「ブルークリスタルロッド」を取り戻すため、イシターに授けられたティアラの力を借りて塔に挑むカイが主人公。『カイの冒険』では、『ドルアーガの塔』や『イシターの復活』で語られることのなかった背景世界やストーリーが、少しずつ明らかになる。「ユーフレイト川」や「バビリム」の「国王ダーマック」、「スーマール帝国」の「皇帝バララント」など、ストーリーに登場する固有名詞が明らかになったのは、この作品が最初だ。 また、『カイの冒険』のオープニングデモやエンディングでは、『ドルアーガの塔』の設定や秘密も明らかにされる。物語のカギと言える「ブルークリスタルロッド」は、神々を敬うバビリムの民のために、空の神アヌが天にかかげたものだ。塔は、ロッドを手に入れようとしたスーマール帝国が築いたものだが、それに怒ったアヌ神が雷を落として破壊した。ロッドの輝きが塔によってさえぎられたときに、封じられていた悪魔ドルアーガが復活してしまった。 『ドルアーガの塔』には3本のクリスタル・ロッドが登場するが、元々は「ブルークリスタルロッド」1本だったものを、ドルアーガが魔力を封じるために、3本に分けたものだ。ロッドの精霊でカイの味方だった「クオックス」も、「クオックス」と「シルバードラゴン」、「ブラックドラゴン」の3匹に分かれ、クオックスの正しい心はドルアーガによって奪われてしまい、『ドルアーガの塔』では強敵として登場する。これら詳細な設定を、君はどこまで知っていただろうか?


塔は100階建てだった!? エンディング後のスペシャルステージ

61面以降・その1 塔の60階に到達したカイは「ブルークリスタルロッド」を発見する。しかし、それはドルアーガの罠で、カイはドルアーガの魔力で石に変えられてしまう。『カイの冒険』はここで完結し、ストーリーは『ドルアーガの塔』へと続くが、ゲームはまだまだ終わらない。さらに61階から100階まで、全40面のスペシャルステージが用意されているのだ。 スペシャルステージは、これまでの60階までのステージとは比べ物にならないほど難易度が高い。しかしこの挑戦的な、サディスティックとも思える難しさが、ゲーマー魂を燃え上がらせた。


61面以降・その2

スペシャルなプレゼント、ナムコキャラクターの友情(?)出演

61階以降はスペシャルステージということもあり、ナムコゲームの有名キャラクターが数多く登場して、ゲームに華を添えている。なかなかマニアックなキャラクターも登場するので、ナムコファンなら是非ともおさえておきたい。


リブルラブルのマシュリン?  ボスコニアンのエネミーベース?  ギャラガの分裂後の宇宙蜂?  内藤ホイミスライム?  パックマンのアオスケ?  マッピーのニャームコ?

こぼれ話「モデルになったゲームがあった?」

ドルアーガ 実は『カイの冒険』には、モデルとなったゲームが存在する。1983年に米アタリ社から発売された『Major Havoc (メジャー・ハボック)』だ。宇宙服を着た主人公が低重力の宇宙ステーションを突破するといった内容で、カイのジャンプの軌道や、天井に頭をぶつけるとしゃがみこむといったアイデアも、『Major Havoc』からヒントを得たもの。『カイの冒険』の開発時のコードネームは『Minor Havoc』だったそうだ。エンディングのスタッフロールにも、スペシャルサンクスとして、「アタリ メイジャーハボック かいはつチーム」のクレジットが登場する。



PREVIOUS( Archives - カイの冒険-前編- ) | ▲ homeNEXT( Archives - ザ・ブルークリスタルロッド-前編- ) ►