INSIDE OF DRUAGA

開発者日記


『ドルアーガオンライン』プロデューサー:かわうそ


年の瀬も押し迫り、世間様では新たな年を迎えるためにウキウキしている方も多いと思いますが、我々はそうではありません。 日夜、敵配置に腐心し、難易度調整に悩み、バグを見つけては「うわぁ〜」と叫ぶ日が延々と続いています。


押井守監督作品に「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」と言うアニメがありますが、まさにROMアップまでは永遠に続くかと思われる日常を繰り返すかのようです。


私と言えば残業時間ワースト1を記録し、人事部から「こっちは注意したからね。過労死しても知らないぞ(多少誇張しています)」とのお達しを受け、でもやらなきゃ終わらないんだよ!と言うどこにぶつけてよいのか分からない苛立ちとお客様に喜んでいただけるなら本望だ。との葛藤に悩み、楽しんでいるわけです。
家族からはほとんど見放され、家に帰ってもみんな寝ているし、休日もほとんど出社していますので、かみさんが旅行に行ってしまったのを知らずに「逆三行半か!?」と思ったり。


密かな楽しみは休日出社する前(休日の出社は昼からが多い)の箱根参りと健康センター。
疲れてるんだったら寝てればいいのですが、バイク好きの血がそうはさせないのです。
土曜日だっていうのに、6時に起きて、防寒用具をたっぷり着て箱根へ。
藤沢あたりで日が昇ってきて、西湘バイパスで朝日を浴びながら走っていると、つかの間の喜びを感じます。 コーナー攻めているとそれだけに集中できるし、良い気分転換になってます。 大観山で一休みして、そのまま会社に出社と言うことも良くあります。


さて、私事はともかく、このドルアーガと言うオンラインと言うゲームは「行ったり来たり」するゲームです。 ゲームはエピックと呼ばれるストーリーに沿った形で進行して行きます。
いわゆるストーリーモードと呼んでいますが、これの他にもクエストと呼ばれるストーリーとは関係ない、1話完結のミッションも多数用意しています。
ストーリーを進めるに当たって、フラグアイテムと呼ばれるキーアイテムがあるのですが、これはクエストモードで探してきてよ。と言う感じで、ストーリーモードとクエストモードを行ったり来たりしながら、進めていく。と言う感じになります。


クエストは逐次入れ替わるのですが、キーアイテムはクエスト事体に依存するアイテムではないので、特定のクエストが出現するまで待たなければならない。と言うようなことはありません。
これがゲーム内での行ったり来たり。


もうひとつが、リアル世界での行ったり来たりです。
今回の筐体構成は、ゲームを行う「ステーション」と店舗内サーバを兼ねた「コミュニケーションタワー」に分かれています。 このコミュニケーションタワーには色々なメニューが入っていて、ショップがあったり、合成ができたり、装備変更ができたりします。 ステーションでのゲームでゲーム内マネーとか、アイテムとかが手に入るのですが、それを使うのがコミュニケーションタワーなのです。
強い武器を買いたい。と思ったら、コミュニケーションタワーに行って買います。
そこで装備して、みんなと違ったように見せたければ染色とかして。みたいなことを行えます。


ゲームで新しい武具をもらった。それをコミュニケーションタワーで装備し、また新たな冒険に出る。
と言った、現実世界でもステーションとコミュニケーションタワーを行ったり来たりしながらゲームを進めていきます。


基本的にコミュニケーションタワーは無料で使えますが、セットに1台しかタワーはありませんので、後ろに人が並んでいたら、譲り合って使ってください。
一部趣味性の高いこと(=やらなくてもゲームはできる)に関しては有料とさせていただいています。

次回は合成について書こうと思っています。
そういえばこの冬、牡蠣フライ食ってねえなあ。

◄ PREVIOUS( 開発者日記・第2回 ) | ▲ homeNEXT( 開発者日記・第4回 ) ►