INSIDE OF DRUAGA

開発者日記


『ドルアーガオンライン』プロデューサー:かわうそ


大学時代は良くツーリングに行っていました。
国道全走破を目標にしていたのですが、1/3くらいで挫折。
いやあ、日本は広いです。


自分は旅行と旅は違うものだと思っていて、旅行は確認、旅は発見だと思っているわけです。
よって、ツーリング中も実は地図とかほとんど見ないで、感と「信号青になったからこっち」みたいな走りをしていました。


四国に行ったときのこと。
そろそろ腹も減ったので、と運良くうどん屋さんを発見。早速バイクを止めました。
うどん屋といっても非常にみすぼらしいお店で、本当にやってんのか?って感じの店構えです。
中に入るとこれまた期待を裏切らない化粧版のはげかけたテーブルと丸椅子。
テーブルの上にはおろし金と生姜のかけらが。
メニューを見ると大中小としか書いてない。
???と思いつつも中をオーダー(いやこの店では「注文」の方がしっくり来る)。
出てきたのは釜揚げうどんと言う奴。


実は釜揚げうどんて言うの知らなくて、初めて食ったんだけど「美味い!」
速攻で大を御代わり。大満足だったわけです。
その後、四国には讃岐うどんと言う有名なうどんがあることを知った。と言う経緯なんですが、大学生にもなってそんなことも知らない方がおかしいですね。
でも、讃岐うどんを発見した喜びは何物にも勝る経験です。
旅行誌とか見れば「○○のうどんは絶品」とかきっと書いてあって、それを確認するだけになっちゃうもんね。


ゲームも同じで、自分で攻略法とか必殺技を発見したときの喜びはひとしお。
でも、今の世の中、そんな1つのゲームをやりこむ人も少なくなったし、他に楽しいこといっぱいありますもんね。
ドルアーガも隠し要素はいっぱい入っていますが、知らなくてもゲームを進めることはできます。
面倒くさがりの人も、堪能したい人も楽しめると思いますので、遊んでみてください。


さて、堪能したい人は俗に言う「やりこみ」な人な訳です。
おそらくアイテムフルコンプとか目指していただけるんだろうと思いますが、それを達成するためには他のアイテム(もう手に入れてる)も大量にダブると思います。
売っぱらってしまうのも良いですが、そこは先陣者として、お仲間やこのゲームの初心者に、是非アイテムを分けてあげてください。
このゲームは某ゲームのように、トレーディングカードと言うものはありません。
すべてICカード内のバーチャルなアイテムとなりますが、それをあげたりもらったりすることができます。
コミュニケーションタワーには2つのカードスロットが付いているのですが、友達同士でそれぞれカードを差し込み、アイテムのトレードができます。
先陣者としては、初心者に結構いいアイテムとかあげたりすると(別に貸すだけでもいいけど)、尊敬の眼差しで見られることでしょう。
このようなリアルコミュニケーションも楽しいものです。
ゲーセン仲間とか増えると、後できっといいことがありますよ。(たぶん)


トレードのやり方は、あげるものを相手のアイテム欄にドラッグするだけの簡単操作。
合成のレシピは知っているのにそのタネが手に入らなかったり、ギルでプレイしていても装備不可能なカイのアイテムとか拾うので、積極的にアイテム交換してみましょう。
それがきっかけで恋の花咲くこともあるかもしれないじゃないですか。
特に女子はプレゼントされるの大好きだもんね。


そうそう、実はゲーム内マネーもトレード出来ます。(トレード画面でお金の欄をタッチ)
節度を持ってお使いください。


ところで数の子ってあんまり美味しくないよね。
次回はゼオバルガって何?


◄ PREVIOUS( 開発者日記・第4回 ) | ▲ home|NEXT( 開発者日記・第6回 ) ►